会社設立の際にはプロに相談|神がかりなスピード対応

ミーティング

金銭が絡む取引

案内

もし、交通事故の被害者になってしまったのなら、損害賠償を加害者に対して請求しましょう。個人同士での取引は難しく、金銭が絡むので危険です。プロの弁護士に全て任せましょう。

» 詳しく見る

専門的な弁護

ビル

交通事故に関するトラブルを専門的に扱っている弁護士が存在します。その場合、24時間関係なく対応してくれることが多いようです。自分の弁護士のスケジュールなどを知っておくと便利でしょう。

» 詳しく見る

もしもの事故

PC

交通事故の発生から示談までの流れについて

交通事故の被害者となってしまった場合には、適切な対応をすることが大切です。状況によっては自分で警察に通報できないこともあるかもしれません。事故の対応など自分だけで行おうとはせずに、交通事故専門の弁護士に相談することでいろいろな問題に対応することができます。交通事故のために怪我をしている時は、人身事故として処理しているか確認をします。事故にあった時は怪我やむちうちがない時は物損事故となっているので、医師の診断書を提示して人身事故に変更してもらいます。交通事故のために通院した場合には、人身事故でなければ保険会社から治療費を払ってもらえないのです。交通事故では、後から痛くなったりすることが多いのです。治療を続けているうちに後遺症が残ったまま、治療をしても改善しないということになる場合があります。障害が残るようであれば、後遺障害の認定を受けて賠償金を求めていくことになります。

弁護士に相談する場合について

交通事故の被害者になってしまい、怪我をしたり後遺症が残ってしまった場合には加害者に対して慰謝料を求めていくことになります。損害賠償請求を行います。事故の状況によっては、どちらにも過失があると言われる場合もあります。また、保険会社によっては示談に持ち込もうということもありえるのです。怪我やむちうちなどで体調が悪い時に自分で交通事故の対応をしていくことは体力的にも精神的にも無理があるものです。弁護士に相談して解決していくことが大切です。弁護士に依頼する時期は、事故が起こってから早ければ早いほどいいのです。間違っても相談せずに示談はしないようにします。示談してしまうと、どんなに弁護士に相談しても解決できなくなってしまうのです。そのためにも、依頼は早めがいいのです。また、弁護士が活躍するのは事故だけではありません。会社設立の際に法律が絡むことは多く、そんな時に弁護士が強い味方となってくれるのです。

トラブルを避ける

PC

交通事故に遭ってしまった場合、焦る前に弁護士を手配しましょう。被害者と加害者が話し合う際には、間に弁護士を置くことでトラブルに発展しにくくなるのです。ですので、まずは事務所に連絡します。

» 詳しく見る